口と身体のお悩みトータルサポートセンター 日本橋 佐々木歯科クリニック&インプラントセンター

診療内容

一般診療


1.痛みでお悩みの方

虫歯による神経の痛み(健康保険)
根の尖の骨の中に膿を溜めての痛み(健康保険あるいはプラス自費)
歯周病で歯肉(歯ぐき)に膿を溜めての痛み(健康保険その後自費)
歯根が割れてヒビが入っての痛み(健康保険)
口内炎、舌の痛み(健康保険)

2.咬めない

■歯肉(歯ぐき)がおかしい

腫れていて出血する(健康保険)
腫れていて膿が出ている。口臭もある(健康保険その後自費)
歯が揺れてきて硬いものが咬めない(健康保険あるいはプラス自費)

■歯がない

入れ歯にしたい(健康保険あるいはプラス自費)
ブリッジにしたい(健康保険あるいは自費)
インプラントにしたい(自費)

■口が開かない

顎関節症 歯ぎしり、喰いしばり(健康保険プラス自費)
睡眠時無呼吸シンドローム(健康保険)

3.歯を美しくしたい

歯並びを治したい(自費)
歯を白くしたい(自費)
歯の形を変えたい(自費)

4.ストレス・全身症状からくる口の不調

疲れ、ストレス、東低の病気からくる不調(自費)

インプラント


1.インプラント治療

より自然に近い、美しい“自分の歯”を

インプラント(Implant)とは、植え付けるという意味。
歯科領域でのインプラント治療といえば、一般的には人工歯根治療のことを言います。
歯が抜けた時、代わりに自分の歯に近い人工の歯を"植立"することで、より自然に近い、美しい"自分の歯"を取り戻して、食事もおいしくいただくことができます。
少し前まで主流だった「入れ歯」や「ブリッジ」、「差し歯」はどうしても噛む力が劣ってしまいました。
でも、インプラントは違います。
高齢化社会を迎える現代、またより歯の美しさが追求されるいま、まさに主役ともいえる治療法として、多くの患者さんの注目を集めています。

これがインプラントの優れた点です!


 見た目がきれいです。 
 周りの歯を傷つけません。 
 噛み心地は自分の歯とほぼ同じです。 
 人工の歯が骨と結合し、違和感がありません。 
 インプラントの種類により、手術が1回の場合と2回の場合がありますが、回復がとても早いです。

2.ブリッジや入れ歯との違いは?

ブリッジは、隣の歯による支えが必要で、入れ歯の場合も他の歯や顎などに支えてもらう必要があります。その点インプラントは、他の歯とは関係ない自立した存在です。
またブリッジは、隣の歯を削らなければならないため、健康な歯を傷つけることになってしまいます。入れ歯の場合も健康な歯に金属を引っ掛ける形になり、負担をかけることになります。
さらに歯肉や顎の形は常に変化するため、入れ歯がぐらついたり、上手く咬めなくなったりもします。
インプラントは、自立した人工歯ですから、他の歯に負担をかけることもなく、また歯肉や顎の変化に対しても他の健康な歯と同様に対応します。
現在 注目されるインプラント治療は、これまでの治療、入れ歯やブリッジに比べると、患者さんにとっても大きなメリットがあります。

レーザー治療


レーザー治療

歯周病、口内炎、根管治療、創傷治癒の促進、病巣の消毒 等にレーザー治療を応用しています。
特に歯周病では、ポケットが5mm以上の深い症例には力を発揮します。
レーザーの先端は髪の毛ほどの光ファイバーになっていますので形が複雑で深いポケットの深部まで届き、そこの「細菌を消毒」しますので、排膿している症例などには効果を発揮いたします。
1~2ヶ月に1回 の歯石の掃除と併用しての治療をお勧めいたします。
治療費は 歯の本数によって治療費を決めています。(¥1,000~¥3,000ほどです)

Drからの一言


レーザーを導入するまでは機械式のスケーラー等での「歯石の掃除」で充分と思っていました。しかし、導入後の治癒経過を見ていくと、その効果にはっきり言ってビックリしました。
今は、進行の進んだ重度の歯周炎のメインテナンスにレーザーは欠くことのできないツールの一つになっています。